自動番号付け機能を使う 2

前の記事 自動番号付け機能 1 から続いてます 
 
 
番号付けを新しく始める

自動的に行頭の番号付けを行うと、どんどん連続した番号が割り振られていきます。
これを途中で新しい番号にリセットすることもできます。

 
例えば、例文中の「4. 表の作成」から新たに番号をふり直したい場合は、番号をふり直す行上の任意の位置にカーソルを置きます。

 

 
「箇条書きと番号付け」ツールバーの[番号付けを新しく開始]ボタンをクリックします。

 

番号が再スタートしました。

 

 
 
番号付けを止める

一旦箇条書きを設定した文章の続きを改行して入力しようとすると、自動的に箇条書きの記号が割り振られてしまいます。

 

これを解除する方法は簡単です。
文字を入力しないで、もう一度[Enter]キーを押します。

 

解除されました。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ