箇条書き機能を使う

箇条書きにする簡単な方法

Writerでは、箇条書きの体裁を良くするために、行頭に記号や数字、図形を自動的に割り振る機能があります。

箇条書きにしたい複数の行をドラッグして選びます。
 
この時、きっちりと最初の行の頭から最後の行にある最後の文字まで選ぶ必要はありません。行の途中から途中まででも選ばれたことになります。

 

 
[箇条書き オン/オフ]ボタンをクリックします。

 

例では、あらかじめ設定されていた中黒が割り振られ「箇条書きと番号付け」ツールバーが表示されました。

 

このツールバーを使って、割り振られた記号を変更してみましょう。
 
 
箇条書きの記号を変更する

箇条書きの行頭に自動的に割り振った記号を変更したい場合は、「箇条書きと番号付け」ツールバーの[箇条書きと番号付け]ボタンをクリックします。

 

 
「箇条書きと番号付け」ダイアログボックスが表示されますので、変更したい記号をクリックして選びます。

 

[OK]ボタンをクリックします。

 

箇条書きの行頭の記号が変更されました。

 

 
箇条書きを止める

一旦箇条書きを設定した文章の続きを改行して入力しようとすると、自動的に箇条書きの記号が割り振られてしまい、いつまでも箇条書きの状態を維持しようとします。

 

これを解除する方法は簡単です。文字を入力しないで、もう一度[Enter]キーを押します。

 

解除されました。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ