階層付きの自動番号を付ける

階層化した番号を付ける

Writerでは、単に箇条書きの行頭に自動番号を割り振るだけでなく、階層を持った番号付けも簡単に行えます。

階層を持った番号付けとは下図の様な状態です。

 
 

 
それでは非常に簡単ですので設定してみましょう。

まず、先に階層を付ける文を用意してある場合です。
下図の様に番号を振る行が用意されているとします。

 
 

 
 

番号を付ける複数の行をドラッグして選びます。

 
 

 
[番号付け オン/オフ]ボタンをクリックします。

 
 

 
フラットな状態で各行に番号が割り振られ、「箇条書きと番号付け」ツールバーが表示されます。

 
 

 

ツールバー上の[箇条書きと番号付け]ボタンをクリックします。

 

 
 
「箇条書きと番号付け」ダイアログボックスが表示されますので、「アウトライン」タブをクリックします。

 

 
階層構造のある番号例から目的の種類をクリックして選びます。

 
[OK]ボタンをクリックします。

 
 

 
この状態では、まだ実際の階層を指定して居ないので、番号はフラットな状態で振られています。

 
 

次に、階層を下げたい行をドラッグして選びます。

 

「箇条書きと番号付け」ツールバー上の[1レベル下げる]ボタンをクリックします。

 

選んだ行の階層が下がり、番号も一つ下の階層を示す状態に変化しました。上位の階層の番号もふり直されているのがわかります。

他の行も設定してみましょう。

階層を下げる行を選びます。

 

「箇条書きと番号付け」ツールバー上の[1レベル下げる]ボタンをクリックします。

 

今度は、ちゃんと「2」の下の階層として、「2.1.」から番号が振られた状態に変化しました。

 

全体を見直すと、階層付きの番号が割り振られたことが分かりますね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ