ページ設定を行う

用紙サイズと配置を決める

Writerで用紙のサイズを決めるにはメニューの「書式→ページ…」を選びます。

 

 

「ページスタイル」ダイアログボックスが表示されたら「書式」プルダウンメニューから用紙の規格サイズを選ぶか、「幅」「高さ」に数値を入力して用紙サイズを決めます。

 

また、「配置」で用紙が縦置きなのか横置きなのかを決めます。

文字の方向を決める

「ページスタイル」ダイアログボックスでは、引き続き文字の方向を指定することができます。

「文字の方向」プルダウンメニューで文字の方向を選びます。

余白を決める

用紙に対する余白の大きさも「ページスタイル」ダイアログボックスで指定します。

「余白」コーナーの「左」「右」「上」「下」に数値を入力することで、用紙の左右上下の余白を指定します。


 
 
ページレイアウトを決める

 
「ページスタイル」ダイアログボックスの「レイアウト設定」コーナーでページレイアウトを決めます。

 
ページレイアウトとは、作成する文書を、見開きで作成するのか、右ページのみのレイアウトにするのか、ノンブル(ページ番号)を奇数ページと偶数ページで左右に振り分けるのか、といったページの状態に関する設定です。

 
「ページレイアウト」プルダウンメニューから選びます。

 
 

 
番号付けを決める

 
「ページスタイル」ダイアログボックスの「レイアウト設定」コーナーで番号付けを選びます。

番号付けというのは、ページ番号、つまりノンブルの表示形式ですね。
例えばノンブルを「1,2,3…」と振っていくのか、「I,II,III…」と振っていくのか、ということを決めます。

 
「番号付け」プルダウンメニューから選びます。

 
 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ