Writerのページスタイルとは?

ページをスタイルで管理する

Writerでは、文書中のページ体裁の設定を、ページスタイルとして管理することが出来ます。

どのようなことかと言いますと、Writerでそのまま文書を作成すると、自動的に増加するページは全て同じ体裁で作成されます。

例えば、ヘッダがあり、フッタにはページ番号が振られ、本文が1コラムといったページの体裁を設定すれば、全てのページが同じ体裁を持っています。

ところが、実際の文書では、最初のページはタイトルと作成者の名前だけ入れるので、ヘッダもフッタのページ番号も不要なページで、2ページ目からの本文は1コラムだけど、途中の章からは2コラムになる、といった変化を必要とすることが多くあります。

Writerでは、このような文書に対応するために、一つの文書ファイル中でも、複数のページ体裁を持たせることが可能となっています。

この複数のページ体裁を管理する機能が、ページスタイルです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ