文書にページスタイルを適応させる

文書全体に適応させる

Writerで作成した文書全体に、ページスタイルを適応させてみましょう。

今、ここに1コラムのページがあります。ここに2コラムのページスタイルを設定してみましょう。

メニューの「書式→スタイルと書式設定」を選びます。

420

 
「スタイルと書式設定」ウインドウが表示されますので、[ページスタイル]ボタンをクリックします。

421

 
文書中の任意の位置にカーソルを置きます。

423

 
「スタイルと書式設定」ウインドウ中の「2コラム」ページスタイルをダブルクリックします。
※「2コラム」スタイルは、オリジナルのスタイルですので、初期設定では存在しません。「ページスタイルを新規作成する」を参照ください。

424

 
文書全体に「2コラム」ページスタイルが適応されました。

425

 
ページの途中から適応させる

Writerの文書では、一つの文書の中に、複数のページスタイルを適応させることができます。

今、全ページが1コラムの文書があります。この文書の途中から2コラムと成るようにページスタイルを適応させてみましょう。

文書中で、2コラムのページを開始したい位置にカーソルを置きます。

426

 
メニューの「挿入→任意区切り…」を選びます。

427

 
「区切りの挿入」ダイアログボックスが表示されます。

428

 
「改ページ」ラジオボタンをチェックし、「スタイル」プルダウンメニューから「2コラム」を選びます。

429

 
[OK]ボタンをクリックします。

430

 
カーソルを置いた位置で改行され、「2コラム」ページスタイルが適応されました。

431

 
同様にして、複数のページスタイルを適応させていくことが可能です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ