文書で目次を自動生成する

自動的に目次を作成する

Writerの文書では、見出しなどにスタイルを使用して作成された文書であれば、見出しのレベルに応じた目次を自動的に作成することができます。

どのようなことか、実際に目次を作成してみましょう。

各見出しにスタイルを利用して作成した文書があります。

463

 
メニューの「挿入→目次と索引→目次と索引…」を選びます。

464

 
「目次と索引の挿入」ダイアログボックスが表示されます。

465

 
「種類」で「目次」が、「内容」で「アウトライン」がチェックされていることを確認します。

466

 
※もし文書がアウトライン構造を持っていない状態で、特定のスタイルを適応させた見出しを目次として拾いたい場合は、「内容」で「その他のスタイル」をチェックし、右側の[…]ボタンをクリックして表示されるスタイルリストに階層を設定して目次を作成することもできます。

467

 
[OK]ボタンをクリックします。

468

 
目次が自動的に作成されました。

469

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ