表の列の幅や行の高さを変更する

ドラッグで列の幅・行の高さを変更する

表組みの列の幅や行の高さを変更するには、罫線をドラッグします。

例として列の幅を変更してみましょう。

変更した列の罫線の上にマウスのポインターを移動します。罫線を移動させることができる位置(真上)に重なると、ポインターの形状が左右への矢印に変化します。

135

 
この状態で罫線を好きな位置までドラッグします。

136

 
目的の位置までドラッグしたら、マウスボタンを放します。罫線が移動し、列の幅が変更されました。

137

 
行の高さも同様の操作で変更できますので、試してみて下さい。

 
数値で列の幅・行の高さを変更する

列の幅や行の高さを感覚ではなく、数値で変更したい場合を見てみましょう。

幅を変更したい列をドラッグして選びます。

138

 
選んで反転している列の任意の場所で、マウスの右ボタンをクリックしてコンテキストメニューを表示させます。
※コンテキストメニューとは、クリックした場所によって内容が変わるポップアップメニューのことです。

139

 
コンテキストメニューから「列→幅…」を選びます。

140

 

「列幅」ダイアログボックスが表示されますので、幅の数値を変更します。

141

 
[OK]ボタンをクリックします。

142

 
列幅が変更されました。行の高さも同様に設定できますので、試してみて下さい。

 
列の幅や行の高さを均等に揃える

列幅や行をいじっている内に、幅や高さが乱れてしまった場合は、一度均等に揃えてみると良いでしょう。

例では幅を均等に揃えます。

均等に揃える対象の列をドラッグして選びます。この時、全ての行を選ばなくても、代表となる行の列だけを選ぶだけで均等にできます。例では2行目の列全てをドラッグして選びました。

143new

 
「表」ツールバー上の「最適化」ボタンの右側にある下向き三角マークをクリックしてプルダウンメニューを表示させ、「列の均等分割」ボタンを選びます。

144

 
表組みの列幅が、均等に揃えられました。

145

 
列の幅や行の高さを最適化する

列の幅や行の高さを、表組みの内容(文字数)に合わせて最適化することもできます。

例えば、数の表組みでは、各セルに余白がありますが、これらを文字の量に合わせて最も無駄の無い列幅に整えてみましょう。

最適化は、選んだ行(または列)にのみ合わせて行われます。例えば、サンプルの表組みの2行目をドラッグして選んでみます。

146

 
「表」ツールバー上の「最適化」ボタンの右側にある下向き三角マークをクリックしてプルダウンメニューを表示させ、「最適な列幅」ボタンを選びます。

147

 
2行目のみが最適化されるため、4行目に不具合が生じました。

148

 
このような状態を防ぐためには、全ての列と行を選んで最適化すれば整合性がとれます。

表組みの全てのセルをドラッグして選びます。

149

 
「表」ツールバー上の「最適化」ボタンの右側にある下向き三角マークをクリックしてプルダウンメニューを表示させ、「最適な列幅」ボタンを選びます。

150

 
最も文字量の多いセルに合わせて最適化されました。

151

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ