表で簡単な計算をさせる

売上表を作成してみる

Writerで作成した表組みには、簡単な計算式であれば、表計算ソフトの様に設定することができます。

例として、Writerの表組み機能を利用した簡単な見積表を作成してみました。まだ計算式は設定していません。

209

 

「金額」のセルに数式を設定します。「金額」は「受注数量」×「単価」とします。

「金額」列のセルにカーソルを置きます。

210

 

メニューから「表→数式」を選びます。

211

 

「数式バー」が表示されます。

212

 

同じ行の「受注数量」列のセルをクリックします。すると「数式バー」にセルの位置情報が入力されます。

213

 

「数式バー」上でカーソルが点滅していることを確認して、かけ算を表す「*」を入力します。

214

 

同じ行の「単価(円)」列のセルをクリックします。すると「数式バー」にセルの位置情報が追加されます。

215

 

「金額(円)」列のセルに数式が入力されたことを確認して、「数式バー」の[適用]ボタンをクリックするか、[Enter]キーを押して数式を設定します。

216

 

それでは数式が設定されたことを確認しましょう。

商品「Note Type A」行の「受注数量」と「単価(円)」に数値を入力します。すると、自動的に「金額(円)」が計算されていることが確認できました。

217

 

同じ手順を繰り返して残りの2行にも数式を設定しました。

218

 

残りの「受注数量」と「単価(円)」も入力して、全ての「金額(円)」を計算させました。

219

 

最後に、「売上合計」を[オートsum]ボタンを使って計算してみましょう。

「売上合計」のセルにカーソルを置きます。

220

 

[表]ツールバー上の[オートsum]ボタンをクリックします。

221

 

表組み上の「金額(円)」列の合計したいセルをドラッグして選びます。

222

 

「数式バー」の[適用]ボタンをクリックします。

223

 

「売上合計」が計算されました。

224

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ