画像と文章の位置関係を設定する

画像と文字の関係を設定する

画像を割り付けたとき、画像と文章の位置関係を設定する機能が「折り返し」です。

折り返し機能については、文章で説明するよりも、実際に設定された状況をイメージで確認する方が簡単に理解できます。

それでは、「折り返し」の各設定について見ていきましょう。

その前に、折り返しの設定はどこで行うのか説明します。

 
折り返し設定の方法

折り返しの設定を行うために、画像を選んでメニューの「書式→折り返し」を選ぶと、さらにサブメニューが表示されます。

同じメニューは、画像を右クリックして表示されるコンテキストメニューの「折り返し」でもサブメニューとして表示することが出来ます。

下図は、画像を選んで、メニューから「折り返し」を設定しようとしているところです。

257

 
下図は、画像を右クリックして、コンテキストメニューから「折り返し」を設定しようとしているところです。

258

 
それでは、「折り返し」の各設定を行った状態を見ていきましょう。

 
上下折り返し

「折り返し→上下折り返し」を選ぶと、文章が画像の上下に配置されます。

259

 
両側折り返し

「折り返し→両側折り返し」を選ぶと、文章が画像の左右に配置されます。

260

 
左右動的折り返し

「折り返し→左右動的折り返し」を選ぶと、文章が画像の左右の内、スペースが広い方に表示されます。

261

 
折り返しなし

「折り返し→折り返しなし」を選ぶと、文章が画像に重なっても折り返さない状態で表示されます。

262

 
背景に

「折り返し→背景に」を選ぶと、画像が文章の背景に割り付けられます。
※サンプル画像では、画像が背景に成ったことが分かりやすいように、文章の文字を太く赤色にしてあります。

263

 
輪郭の編集

この機能はこれまでの機能とは性格が異なり、画像そのものを加工する機能です。

「折り返し→輪郭の編集…」を選ぶと「輪郭エディタ」ウインドウが表示されます。

264

 
「輪郭エディタ」上部にある、各種ツールを利用して、画像の輪郭を編集できます。例では、[楕円]ツールを使って、画像の輪郭を楕円形にしてみました。

265

 
[適用]ボタンをクリックすると、文書上に割り付けられている画像の輪郭として反映されます。

266

 
「輪郭エディタ」ウインドウ右端の×ボタンをクリックして文書に戻ります。

267

 
画像の輪郭が変更されると同時に、自動的に文章が輪郭に沿って左右に配置されています。

268

 
輪郭

これは前述の画像の輪郭を設定した場合のみ表示されるメニューです。

269

 
「折り返し→輪郭」を選ぶと、既に輪郭に沿って文章が配置されている場合は解除され、輪郭に沿って文章が配置されていない場合は、輪郭に沿って配置されます。

例では、既に輪郭に沿って文章が配置されているので、輪郭が解除されました。

270

 
最初の段落

「折り返し→最初の段落」を選ぶと、画像のある段落中で改行した場合、改行後の文章が画像の下に配置されます。

271

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ