画像のアンカーを設定する

アンカーとは

Writerの文書上に割り付けられた画像は、文書の変更(文字数の増減や行の増減)に応じて移動します。

この時、画像が文書中のどの位置に関係付けられた状態であるかということにより、移動のしかたが変わってきます。

この特定の位置に繋ぎ止める機能のことを「アンカー」と呼び、画像をクリックすると下図の様に表示されます。このアンカーアイコンの位置で、文書中のどの位置に繋がれているかを確認することができます。

272

 
アンカーの設定方法

画像をダブルクリックして「画像」ダイアログボックスを表示します。

273

 
「種類」タブが選ばれていなければ選びます。すると「アンカー」というコーナーがあります。

274

 
この「アンカー」コーナーで「ページに」「段落に」「文字に」「文字として」のいずれかを選ぶことができます。

以下、実際に各アンカーの設定された状態を見ていきましょう。

 
ページに

アンカーを「ページに」に設定すると、画像の位置に関係なくページに繋ぎ止められているので、文章に変化が生じても、画像のページに対する位置は変わりません。

275

 
段落に

アンカーを「段落に」に設定すると、画像が段落に繋がれるので、その段落の移動と共に画像も移動します。

276

 
文字に

アンカーを「文字に」に設定すると、画像が文字に繋がれるので、その文字の移動と共に画像も移動します。

277

 
文字として

アンカーを「文字として」に設定すると、画像が文字として扱われて文章中に挿入されます。

278

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ