画像を加工する:フィルタ

Writer上での画像の加工

Writerは画像処理ソフトではありませんが、文書上の画像を加工する多くの機能が用意されています。

それらの機能は、フィルタ、図モード、色補正、透過性、反転です。

それでは、これらの機能を、例と共に見ていきましょう。

 
フィルタを使用する

Writerで作成した文書上の画像をクリックして「画像」ツールバーを表示させます。

279

 
「画像」ツールバーの「フィルタ」ボタンをクリックして各種フィルタをプルダウンメニューで選べる状態にします。

280

 
それでは、各フィルタを選んだ状態を見ていきましょう。

 
逆転

「逆転」フィルタを選ぶと、画像のカラーが逆転します。
※グレースケールの場合は、明度が逆転します。

281

 
ぼかし

「ぼかし」フィルタを選ぶと、画像が柔らかくなります。
※サンプルでは、違いを強調するために、ぼかしを数回繰り返しています。

282

 
鮮明さ

「鮮明さ」フィルタを選ぶと、画像が鮮明になります。
※サンプルでは、違いを強調するために、鮮明さを数回繰り返しています。

283

 
ノイズの消去

「ノイズの消去」フィルタを選ぶと、フィルタのノイズが消去されます。

ノイズがある状態の画像

284

 
上の画像に対して「ノイズの消去」フィルタを選んだ後。

285

 
ソラリゼーション

「ソラリゼーション」フィルタを選ぶと、写真の現像中に露光が大きすぎたときと似た現象を再現します。その際に、色の一部が反転したりします。

「ソラリゼーション」フィルタの効果は、パラメータで数値による調整ができます。例では50%を設定しています。

286

 
エイジング

「エイジング」フィルタを選ぶと、画像の全てのピクセルがグレーに設定され、緑と青のカラーチャネルがパラメータの指定に従って減少します。このとき、赤のカラーチャネルは変化しません。

例では、50%を設定しています。

287

 
ポスター

「ポスター」フィルタを選ぶと、画像の色階調をパラメータで指定して減らすことができます。このことで、写真を絵画のように見せる効果があります。

例では、効果が分かりやすいように、ポスターカラーを8に設定しました。

288

 
ポップアート

「ポップアート」フィルタを選ぶと、写真がポップアート風に変化します。

289

 
木炭画

「木炭画」フィルタを選ぶと、写真が木炭画の用に変化します。

290

 
レリーフ

「レリーフ」フィルタを選ぶと、パラメータで設定した光源に合わせてレリーフが作成されます。

291

 
モザイク

「モザイク」フィルタを選ぶと、パラメータで設定したピクセルサイズのモザイク処理が施されます。

292

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ