画像を加工する:色

色調やコントラストなどの変更

Writerの文章上の画像は、色調や明度、コントラスト、ガンマ値を変更することができます。

これらの設定は「色」ツールバー上で行います。「色」ツールバーを表示する手順は以下の通りです。

画像をクリックして「画像」ツールバーを表示させます。

298

 
「画像」ツールバーの「色」ボタンをクリックします。

299

 
「色」ツールバーが表示されます。

300

 
それではこの「色」ツールバーで設定してみましょう。

 
色調の変更

「色」ツールバー上の「赤色の割合」「緑色の割合」「青色の割合」フィールド中の数値を変更することで、画像の色合いを変えることができます。

例えば、もっと赤みがかった色にしたいとか、逆に赤みを押さえたいといったときは、「赤色の割合」フィールドの数値を大きくしたり、小さくしたり(マイナスにもできます)することで調整できます。

試してみましょう。

例として、赤みを減らし、青みを強調してみました。

301

 
明度

「色」ツールバー上の「明度」フィールドの数値を増減することで、画像の明るさを変えることができます。

例えば「明度」を20%まで上げてみました。

302

 
今度は逆に「明度」を-20%まで下げてみました。

303

 
コントラスト

「色」ツールバー上の「コントラスト」フィールドの数値を増減することで、画像のコントラストを変えることができます。

例えば「コントラスト」を20%まで強調してみました。

304

 
今度は逆に「コントラスト」を-20%まで弱くしてみました。

305

 
ガンマ値

画像の輝度を調整します。ガンマ値は0.1から10までの間で設定できます。

スキャンしたときは明るめに取ったはずなのに、実際に割り付けてみたら暗かった、というときなどに利用できる機能です。

比較してみましょう。

ガンマ値を「1.00」にしたときの画像が以下の状態だとします。

306

 
この画像のガンマ値を「3.00」に変更してみました。

307

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ