タブを使ってみる

タブとは?

タブとは、行の頭や途中で文字の位置を設定するときに使います。
例えば下図の様な文字位置の設定に使用します。

赤い矢印が示す位置で、各行の離れた文字位置が揃っている状態です。

110

 

上図の様な文字位置を調整する場合、多くの人がタブの使い方を知らずに、スペースを何個も入れて文字位置を調整しているのを見ますが、その方法では余分なスペースが後々ゴミ情報となり、体裁が変わったときや、他の文書に流用した際にスペースを取り除く作業が発生してしまいます。

タブを利用していれば、レイアウトを変更したり、他のデータへ流用したりした際も、
タブ位置を設定し直すだけで、簡単に位置の調整ができます。

それでは実際の使い方を見ていきましょう。

 

タブの設定例

タブには「左揃え」「右揃え」「小数点揃え」「中央揃え」の種類があります。

入力するキーは「Tab」キーだけですが、Writer側でこれらの種類を指定することができます。
下図はそれぞれのタブを利用したサンプルです。

タブ

 

 

タブの設定手順

まず、文字を入力する際、行の途中で文字位置を調整したい箇所は「Tab」キーを入力してスペースを空けます(スペースキーは使用しません)。

下図は、「Tab」キーを入力した箇所が「→」で表示される(画面上だけで、印刷はされません)ように、Writerのメニューの「表示→編集記号」を選んだ状態にしてあります。

タブの使い方

 

タブ位置を揃えたい行をドラッグして選びます。

113

 

ルーラー上で、タブ位置を設定したい辺りをクリックしたままにし、ガイドラインが表示されたら、目的の位置までドラッグします。

114

 

ガイドラインを参考にしながら、位置が決まりましたら、マウスボタンを放します。ルーラー上にタブの記号(初期設定では左揃え)が表示され、タブ位置が揃います。

115

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ